読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo’ blog

─ 緑川光さんの作品などへの感想メインです ─

Home,Honey Home CD感想


この作品は面白コメディでちょっとキュンキュンな感じかと勝手に想像していたら
なんか…泣いちゃったのです…(/ _ ; )
葉介さんの家族愛を求める姿がこう、なんか…ほろりとくるっていうか
緑川さんのお芝居がほんとにすごいというか、
葉介さんの独特な喋り方に慣れた頃にはぐいぐい引き込まれちゃって
いつのまにか泣いちゃってたのです…
最初ワイワイ始まったしそんなCDとは思ってなかったので不意打ちでした(/ _ ; )
抱きしめられたり、ちゅってされても(外国スキンシップ的に)、ドキドキするより
逆にもっとギュってしてあげて大丈夫だよってはげましたくなるという
個人的にこういうお話にすごく弱くて、すごく好きだからツボだったなぁ。
たとえお父さんでなくてもどうか幸せになってほしいって思うのです。
一花ちゃん頑張ってって心の底から思ったのです。
続き気になるなぁ。続いてほしいです。

他のお父さんもいろいろバラエティに富んでいて、ほわってしたり癒されたり
ビックリしたり、なかなか複雑な気持ちになりましたけど、
普通のドラマCDではないようなシチュエーションばかりで面白かったです♪
それに皆さんお芝居が絶妙で良かった。色んな個性がバチンとぶつかって聴き応えありました(*^o^*)


ドラマCDの最後に葉介さんの語りかけで終わるのですけど、
ハニー、って呼ぶとこすごく良かったなぁ。
もう葉介さんがしゃべってるだけで泣きそうになってしまってるのですけど、
響きが優しくて透き通っていて、どんな気持ちで言ってくれたのかとかも
考えてるとほんと胸にきゅうってくるのです(>_<)
ずるいくらい優しくて真剣で真正直で、そんなお芝居が聴けて幸せでした(#^.^#)


雑誌付録の特典CDエピローグの方はかなりのボリュームがあって
しかもちゃんと面白かったのがすごいですね!
ドタバタコメディと、あとちゃんと本編CDといろいろリンクしてて楽しかったです♪
手錠似合ってる、ていうセリフの言い方が良かったです(*^o^*)
ここまで自然だとお芝居にきこえなくなってきて、ほんとにこんな人いそうって
思ってしまいます。

そんな浸りきってるまま店舗特典CDのキャストコメントを聴くと、
あ…声優さんってすごい…って、あれをお芝居でしちゃうなんてすごい…って
なんだかすごく不思議な気持ちになりました。
緑川さんの普段の声を聴いて、そうそうお芝居だった…って我に返るのです。
楽しかったなぁ…続きほんとにお願いします!(*^o^*)
キャストトークは本編終わってから聴くといろいろクスってなって楽しいですね♪


原作の方がTwitterで「皆さん素敵な演技をしてくださってます」みたいなことを
おっしゃっていて、うんうんほんとに!そう思います!!
シナリオが良くて安心して楽しめるし意外とドキドキもある作品なので
お勧めしたいです(*^o^*)
コメディなのにいろんなところがミステリアスで新鮮でした。
緑川さんの葉介さんはお父さん??という疑問符いっぱいつけたくなるような
言動ばかりで、緑川さんのお芝居もそういう雰囲気を上手く表現していて
お父さん?なの??って色んな意味で疑問に思っちゃうお父さんなのですけど、
最初に書いた家族愛を求める姿がひたむきで嘘がなくて、本当に良かったです。
嘘に聴こえないお芝居をする緑川さんに惚れ惚れします(*^o^*)好き