読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo’ blog

─ 緑川光さんの作品などへの感想メインです ─

アニメ血界戦線 最終回直前

いろんな感想

アニメの血界戦線についてなにか書いておこうと思って、
とりあえず最初に、ネットで見つけたインタビューを貼ってみます。
これ読むと、何年も前にアニメ化の企画が出てて、周到な準備の末に
世に放たれたアニメなんだなぁって思いました。
血界戦線アニメ化への道 プロデューサーインタビュー

緑川さんがなぐラジで、監督と仕事するの楽しみにされてたというのを聞いて
気になって調べてたら、若いのにすごい、っていう評価をここでもされてました。
実は原作はまだ読んでないんですけど、
最初はホワイトがアニメオリジナルだとか知らずに普通に楽しんでて、
確かにホワイトとのところだけちょっとカラーとテンポが違うなとは
思ってましたけど、でもこの前の回ではアニメオリジナルなのにホワイト達の話で
2回くらい泣かされましたから、ほんと面白い作品だと思います。
どうやって終わるのか全然先がよめないです、そういうの楽しい♪
あとキャラクターデザインの方がビバップもされてたっていうのを初めて知って、
もう!それは好きになるはず!!ビバップ大好き!!って燃えました(笑)
監督さん以外にもスタッフさんは大御所ぞろいだし、声優陣も豪華だし、
小説版はオーフェンシリーズの作家さんで、漫画の作者さんもベテランさんで、
もう言うことなしな感じですね。
これだけの環境がそろうくらい、もともと面白い漫画なんだろうなぁと思うので
アニメ終わってから漫画読むのも楽しみです(#^.^#)

それで、EDがすごく楽しくて良いなぁって思ってたら、
そういうのを記事にされてる方がいて、
それ読んで自分がEDの何に心弾んで癒されて何回も見てしまうのか
言葉でわかった気がしました。
乱暴に要約すると「みんな楽しそうに踊ってるから」なんですね…
うん、うん、ほんとそうです、本当にそう思います。
それと、あのEDはコマ割りの枚数がダンスにしては少ないそうです。
そこにもビックリしました!
あんなにリズミカルにウキウキ踊ってるのに…そうなんだ…
3コマって1秒間に絵が3枚ってことですかね??普通は何枚なのでしょう??
個人の方のサイトのようなので勝手にリンク貼れないのですけど、
もし興味のある方は、原作者の内藤先生のTwitterを遡っていくと
上のインタビューもEDの記事も紹介されてるので辿ってみてくださいませ(#^.^#)
内藤先生の、アニメに対するコメントも面白かったです!

ED、緑川さんも6/22のブログで紹介されてましたけどEDほんといいです。
私もiTunesでOPと一緒にダウンロードしました(#^.^#)
まっすぐでぴょんぴょん跳ねてて楽しい曲で、
緑川さんもカラオケとかで歌われたりするのかなぁ♪
歌おうと思ったら独特の節回しが難しい歌ですけど、アニメの世界観とも合ってて
最初の頃は上にも書きましたけど何度も録画を再生しては主にツェッドさんを
見てました(*^o^*)あの動きに癒されるのです。軽やかなムキムキ感素敵です。
暗がりで戦ってたりザップと肩組んでるとこはちゃんとソッポ向いてて好きです♪

順番おかしいですけどOPのことも、
このOP、個人的にとても衝撃だったのが、最後の呪文みたいなとこ、
タイトルのハローワールドからの何かかなぁって思ってたら、

ハロードーモボクハココ

だったんですねぇ…Hello,どーも、僕はココ。
おお…素朴なレオ君らしいな…って勝手に納得しちゃったのですけど。
はぁーなんかいろいろすごいですね血界戦線
関わってる人みんなこの作品大好きなんだなぁって感じられるのが嬉しいです。
そうそう曲の構成が、OPで使われてるサビよりももっと強い仕掛けを
終盤に入れてるし、アニメでは最終回にOPの曲丸々使う演出ってよくありますけど、
もしするならどんなふうに料理するのかなぁ(#^.^#)

アニメは今週はお休みで、来週最終回ですね!
血界戦線自体がこれで終わりじゃないっていうのがまた良くて、
最終回ってなんか毎回、見たいけど見たくない、見たら終わっちゃう(/ _ ; )って
葛藤と戦いながらだったのですけど、血界戦線はまだ気が楽です。
それにこれだけ大人気なら劇場版とか第2期とかありそうですし\(^o^)/