読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo’ blog

─ 緑川光さんの作品などへの感想メインです ─

猛獣使いと王子様 〜猛獣劇場リターンズ〜 感想

CD感想

多少のネタバレ有りで感想書いてます、苦手な方はご注意くださいませ(>_<)







音楽が懐かしくて、ああ帰ってきたって思っちゃいますよね。
これこれ、こういう感じだったなぁってほんわかします(*^o^*)

クラウスが声低いのも慣れました(笑)
かなり低いですよね。
初めてゲームした時も、マティアス低いと思ってましたけど、
クラウスはもっと低いんですよね!
そしてなかなかマティアスたちが出てこないのでちょっとやきもきしました(>_<)
シルビオも良いんですけどね、ゲームのシナリオ良かったですし。
そしてトラック2つ目でやっとマティアス登場です\(^o^)/
ああいいなぁ、マティアス痺れる…(#^.^#)
低音王様ボイス素敵…(*^o^*)
一緒に出て来たアルフレートが善人で、とても善人でホッとします(笑)
猛獣使いの世界の良心(笑)
かわりにエリクが黒いのもいつも通りですね(笑)
マティアスとクラウスは喧嘩腰でしか会話しないのもいつも通りです(o^^o)
マティアスの低音が自然な感じで、しかもますます低く感じてドキドキです♪
色気も増してるような…(#^.^#)

劇中劇の醍醐味といえば、マティアスの暴走とアルフレートの棒読みなんですけど
マティアスはもうセクシー担当なぐらいドキドキさせてくれたり、
意外とツッコミ役になってたり満足です(*^o^*)
あとアルフレートの棒読み技術が凄くてめちゃ笑います(笑)
ルシアの棒読みシーンもなかなか楽しかったです!
けど猛獣使いはゲームで全キャラやり込んだので、全員にそれなりに愛着があるので
どこ聴いても楽しかったなぁ。

添い寝ボイスは、マティアスがライオンになって隣にいる設定で、
そういえばゲームでも同じことで文句言われてた、と思い出しました(笑)
身体を撫でたり抱きついてくるのは人間の姿のときにしてくれって。
ティアナは相変わらずなんだなぁって、もう1回ゲームしたくなっちゃうのです(笑)
マティアスの声が色っぽいセリフをもっと色っぽく響かせてくるのが
もうたまらなくドキドキしちゃいます(>人<;)
こういうさじ加減って緑川さんは本当に絶妙で、聴いててきゃああああって
何度もごろごろ転がっちゃいました(#^.^#)
女性慣れしてるっていう演技がとてもドキドキして、さすがマティアスだなぁって
でも想像してたマティアスよりももっともっと艶っぽくて
わああ、わああああって顔赤くなりました(笑)
ほんとすごいなぁ…緑川さんのすごさをあらためて知るのです(#^.^#)

最後に、猛獣使いのドラマCDは自己紹介(?)があるんですよね!
声優さん本人が役名と自分の名前を言っていくのですけど、これがいつも楽しみで…
緑川さんがマティアスのすごく低いトーンで、タイトルと役名を言って、
すぐに普段の柔らかいトーンにもどって「緑川光」と名乗る瞬間が
すっごく好きで、トーンが変わる激しいギャップにやられちゃいます(>_<)
職人技の粋みたいな、この感動はどう書いたらいいのか…(>人<;)
マティアスの声が低ければ低いほど衝撃が大きいのですけど、
それがとても、楽しいのです(*^o^*)

ゲームネタがいっぱいの内容だったので、早くVita版したくなるCDでした(笑)
確かCDの続きがVita版の追加エピソードになってるそうなので、楽しみです♪